第2世代ピルが人気の理由

頭に手をあてる女性

そもそも、ピルには低用量ピルの他にも中容量ピルや高容量ピルがあります。
低用量ピルはピル1錠に含まれる黄体ホルモンの量が0.05ミリグラムのピルのことを指します。
中容量ピルや高容量ピルはピル1錠に0.05ミリグラムの黄体ホルモンを含み、主に緊急避妊薬として使用されています。
緊急避妊薬、通称アフターピルと低用量ピルは、配合されている成分そのものは同じであるものの、
服用の仕方も、配合されているホルモン量も、服用目的も全く違います。
トリキュラー通販サイトにはアフターピルも一緒に販売されていることが多いですが、
トリキュラーなどの低用量ピルはあくまで性交渉前の避妊を目的としていて、性交渉前に日頃から服用しておくことで効果があります。
アフターピルは性交渉後に緊急的に避妊をしたい場合、性交渉後72時間に避妊目的として服用するものです。
低用量ピルはアフターピルよりも配合されているホルモン量が少ないため、性交渉後に服用しても避妊の効果はありませんが、
副作用が少なく、定期的に服用することで高い避妊効果を発揮してくれます。
そんな低用量ピルの中でもトリキュラーは特に副作用が少なく、それでいて効果が高いことで知られています。
そのため、トリキュラー通販を利用する女性は非常に多いんです。
低用量ピルは開発された順番で第1世代~第3世代までの3種類に分けられます。
トリキュラー通販で購入できるトリキュラーは2番目に開発された第2世代ピルと呼ばれ、
第1世代ピルの足りない点を補う形で開発されたため、より優れたピルとして人気を集めています。
第3世代ピルはというと、トリキュラーなどの第2世代ピルの効果の高さは維持したままで、
男性化作用の副作用を抑えることに成功しました。
ただ、代わりに血栓症のリスクが高くなってしまったため、今でも第2世代ピルであるトリキュラーを求めてトリキュラー通販を利用する人が多いんです。